ICC 国際交流委員会の評判


近年、英語をどれだけ扱うことが出来るかということを重要視する会社は増えてきています。ビジネスをする上で、英語は欠かすことの出来ない言語になってきているのです。海外留学をすることで、流暢の英語を話すことが出来るようになります。将来自分でビジネスを起こそうと思っている人はもちろん、会社に貢献したいと考えている人も、海外留学を視野に入れてみると良いでしょう。

ビジネスにつながる留学なら「ICC国際交流委員会」

ビジネスにつながる海外留学をしたいと思ったら、「ICC国際交流委員会」に相談してみましょう。留学流に現地でインターンシップを体験することが出来たり、キャリアアップにつながる授業を受けることが出来る留学プログラムを用意しています。海外留学の手続きは他社でもお願いすることが出来ますが、ビジネスにつながるプログラムを選びたいのなら、エージェントからこだわったほうが良いでしょう。
現地でインターンシップに参加することで、英語でビジネスを学ぶことが出来ます。帰国してからのビジネスに影響を与えるでしょうし、留学先でそのまま就職をすることが出来る可能性もあります。どちらにしろ、将来海外で通用する仕事をしたいと思っているのなら、インターン留学をしてみることをおすすめします。

「ICC国際交流委員会」の評判

ICC国際交流委員会では、ビジネスにつながる海外留学が出来るということで評判です。ビジネスに英語を使う場面が増えてきている現代では、ビジネス英語を身に着けておくことが大きな武器になります。
ICC国際交流委員会に希望の留学方法を相談することで、様々な留学プログラムを紹介してもらうことが出来ます。インターンシップやボランティアに参加することの出来るプログラムや、直接キャリアアップにつながる授業を受けることが出来るプログラムなどがあります。ビジネス留学に強いICC国際交流委員会に相談して、希望に合った海外留学を実現しましょう。


安くて濃いプログラムが魅力!
海外留学・語学留学エージェントランキング

1位

アコスタ(近畿日本ツーリストグループ)

留学できる国

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、マレーシア、アイルランド、マルタ、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ

おすすめの理由

留学先が豊富で、世界13カ国から選ぶことができます。また、随時個別のカウンセリングやオリエンテーションを開催しており、国・予算・期間・滞在方法など留学プランに納得するまで話し合いを持つことが可能です。他にも各年代別、目的別に応じた充実のプランを数多く取り揃えており、出発の事前準備から帰国までのサポート体制も充実しているため、注目度の高いエージェントとなっています。

留学内容を詳しく見る
2位

ベネッセ海外留学センター

留学できる国

アメリカ、カナダ、オーストラリア

おすすめの理由

学生向けの短期留学を中心とした留学プランが多く、英語学習も学生のレベルに応じたレッスンを用意しています。中でも、英語のレッスンは2種類あり、いろいろな国の留学生と交流を持つ「国際クラス」と、日本人のためにつくられた「ベネッセ特別クラス」があります。国際交流と苦手克服に工夫をこらしたレッスンで英語力の上達を目指しています。また、中高生の扱いに長けたベネッセだからこそできる充実したサポートサービスもあり、安心して留学することができます。

3位

South Pacific Free Bir

留学できる国

フィジー

おすすめの理由

フィジーへの留学を専門に扱っている留学エージェントです。現在のフィジーは少子化の傾向にあり学校の空き教室が増えているため、政府と連携して留学生のための学校を運営しています。運営しているのは現地の教員たちで、有資格者から丁寧で親切な英語を学ぶことができます。また、紹介会社が中間に入っていないため、費用を極力抑えた格安の留学プランが魅力的です。留学期間も1週間から1年と幅広く選ぶことができ、好みに応じて利用することができます。